個人事業主はプロミスを利用出来るのか?

2月 27th, 2015

プロミスは、個人事業主にも優しいカードローン会社として支持されています。実際にプロミスでは、個人事業主向けのカードローン商品「自営者カードローン」を用意しています。
自営者カードローンは、最大300万円までの大口融資にも対応しています。年率6.3%から17.8%となっており、低金利で借りやすいカードローン商品となっています。また、使い道は事業資金のほかに、プライベートの資金としても使う事が出来ます。
個人事業主の方であれば、フリーランスで働く方、レストランや各種店舗を経営されている方、WEB上でネットショップなどを経営されている方など、様々な方に利用可能となっています。
申し込み審査は、普通のプロミスカードローンと変わりませんが、自営者ローンの場合は、用意すべき書類が少しだけ多くなります。一般のプロミスカードローン(フリーローン)の場合は、50万円までに限り収入証明書の提出が不要となっています。
しかし、自営者の方は金額に関係なく「収入の証明となる書類」を用意する必要があるのです。納税証明書、確定申告書、事業の実態を証明する書類(営業許可書、発注書や受注書などの中から選択)を用意しましょう。
その他の本人確認書類は、一般のフリーローンと全く同じです。運転免許証やパスポート、保険証などを準備して下さい。これらの各種証明書類は、必ず直近のものを用意しましょう。発行日の古い書類は審査の対象にならないので、注意が必要です。

おまとめローン審査では過去の債務整理の質問に注意

2月 6th, 2015

おまとめローンの審査は一般的に厳しいと言われています。もともと複数の借金を抱える方が前提のローンですし、それを低金利でまとめようというのですから金融機関にとってもたいへんリスクの高い商品なのです。とくに返済履歴については審査においても重要項目となっていて、過去に遅延や延滞の情報がありますと審査に通るのが難しくなってしまいます。過去に債務整理を行っているという場合にはまずアウトだと思っていいでしょう。
おまとめローン審査においても、過去に任意整理や自己破産など債務整理をしたことはないですか?といった質問をされることがあります。債務整理をしていたとしても、情報の登録期間が5年や10年など決まっていますから、それを過ぎていれば個人信用情報機関に照会しても情報は出てこなくなりますからこちらから言わなければわかりません。
債務整理は金融機関が最も嫌がることです。ローンを提供する金融機関にとって、貸したお金を返してもらえなかったり減額で返済になったりする債務整理は避けたいものです。ましておまとめローンの場合に債務整理をされてしまいますと、他社のカードローンのリスクだけを集めて貰い受ける形となってしまうからです。そのため、おまとめローンでは債務整理について審査の際にしつこく聞いてくることがあるのです。
嘘を言うことを推奨するわけではないですが、もしほんとうのことを言った場合にはおまとめローンの審査に通る確率はかなり下がってしまうでしょう。もう信用情報機関の情報にも載っていないような昔のことだし、と正直に話さない方が審査に通る確率は高くなります。
ただし、おまとめローンの審査に通らない申込フォームで現在の他社借入件数や借入金額についてはしっかりと事実通りの数字を記載しましょう。それについては現在進行形で信用情報機関に情報が載っているわけですし、虚偽の申告をすればそれだけで審査に落ちてしまいます。以上のような点に注意して、おまとめローン審査を乗り切りましょう。

消費者金融利息は銀行より高め?!

2月 3rd, 2015

「カネは天下の回り物」とはよくいったものです。
生活する上では常に必要になり、そして、どんなにがんばって働いても、残念ながらお金が足りなくなることはあります。悲しいことですが、事実です。そんな時は皆さんどうされますか?
親類や友人に頼れれば、それが一番ですが、お金のことは、後々の人間関係に響きます。できれば避けたいところではないでしょうか。とすれば、借りられるのは収入証明書不要 ローンか、銀行。さて、どちらにしますか?
それは、金額や返済計画によってちがうでしょう。
もし、小額をさっと借りてすぐ返すのであれば、消費者金融がお勧めです。審査もスピーディーで、うまく行けば、即日融資も対応可能です。その代わり、消費者金融利息は銀行よりも高めです。ですから、収入に余裕ができたら、すぐに全額返済をするなどして、早期完済を目指した方が、お得です。
それに対し、銀行は、多額の融資に対応ができます。ですから、返済計画も何十年と長期に渡るローンが可能になります。従って審査もその分厳しくなることは予想が付くと思います。そして、長期での返済になるので、利子も低めに設定されているのが、特徴です。審査は厳しいですが、銀行から融資が受けられることには、絶対的な安心感があることもおわかりでしょう。
消費者金融でも銀行でも、お金を借りることに違いはありません。必ず利子をつけて返さなくてはならないことは、どちらも同じです。借りたお金はきちんと返しましょう。

総量規制の例外「配偶者貸し付け」を利用してキャッシング

1月 22nd, 2015

専業主婦が貸金業者からお金を借りるには、総量規制の例外「配偶者貸し付け」を利用する、という手があります。配偶者貸し付けとは、配偶者と合算して年収の1/3まで借入れを行うことが出来るいわば特別枠です。例えば配偶者の年収が600万円で夫婦共に貸金業者から借入れしていない、今回が新規の申し込み、というケースであれば専業主婦であっても最高200万円まで借りることが可能です。
収入ゼロの専業主婦でも配偶者と合わせて配偶者の年収の1/3まで融資を受けることが出来る、キャッシングサービスを利用することが出来るというのは非常に魅力的でありメリットといえます。
ですが、配偶者貸し付けを利用する場合、配偶者の同意書と共に、婚姻関係を立証することが出来る住民表もしくは戸籍抄本が必要です。また、借入れ希望額によっては配偶者の年収を証明することが出来る書類の提出を求められることもあるなど、必要書類も多く、手続きも煩雑になることが多い、というデメリットもあります。
ちなみに、総量規制対象外である「配偶者貸し付け」を利用するにあたり一番困ること、デメリットと思うことはなんですか?という某調査結果を見てみると、「旦那にお金を借りなくてはならない事情を打ち明け、同意を得ること」と答えた方が圧倒的に多いです。さらに、専業主婦が配偶者にお金を借りなければならない事情を話したくない理由を見てみると、心配かけずになんとかお金を工面しピンチを切り抜けたい、とう方も少数ながらいましたが、旦那に内緒でお金を使いすぎた・旦那に内緒でお金を使いたい、という方が多いです。

バンクイックはコンビニから便利に利用できる!

1月 21st, 2015

朝仕事に行く前にちょっとコンビニによる人、多いですよね。眠気防止・エチケットにガムをかったり、朝飲むコーヒーを買ったり、お昼ご飯をついでに買っておいたり。仕事帰りにもなんとなくちょっと寄って雑誌を買って帰ったりなど、コンビニはついついよってしまうところですよね。三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、そんなコンビニのATMから便利に利用できるカードローンなんです。
カードローンで提携コンビニATMからキャッシングできるところは少なくないですが、その際ポイントとなるのはその提携コンビニがいつもよるコンビニかどうか?という点ではないでしょうか。例えば最寄り駅にはローソンしかなくて、でも契約しているカードローンではセブン銀行しか提携ATMがないというのであれば、ちょっと便利とは言いがたいですよね。
バンクイック 増額で利用できるATMは、三菱東京UFJ銀行ATMはもちろん、セブン銀行、ローソンATM、ほかファミリーマートやサークルKサンクスなどのコンビニに設置されているイーネットが利用できますので、主要コンビニならバンクイックを利用できるようになっています。
さらにバンクイックがうれしいのは、ATM手数料無料という点。お金を借りるのに利息も支払っていて、さらに手数料もかかってしまうのはどうかと思いますよね。しかも、返済時にも手数料がかかるって、こっちは返済しようとしているのになぜ手数料まで?と思ってしまいます。バンクイックなら借入でも返済でもATM利用手数料無料ですから、とっても気軽にコンビニキャッシングが可能なんです。

アコムが発行しているクレジットカードとは?

1月 17th, 2015

アコムの借り方でクレジットカードを発行できる?消費者金融なのに?と意外に感じた方は多いでしょう。確かにアコムはクレジットカードを発行しています。どのようなカードなのか、詳細を知りたいですよね。
アコムが発行するクレジットカードブランドは、世界で利用できるマスターカードです。日本国内の消費者金融ではただ一つ、アコムだけがマスターカードのプリンシパルとなっているのです。これもアコムの信用の高さと言ってよいでしょう。
アコムが発行するクレジットカード、ACマスターカードはショッピング専用のカードと、アコムならではのカードローンが利用できる2タイプから選ぶことができます。どちらのデザインも、「アコム」の文字、ロゴは一切入っていません。どこから見ても普通のクレジットカードといったカードデザインなのです。
ショッピングはもちろん、世界中のマスターカードが利用できるお店などで利用することができます。海外旅行前にACマスターカードを作成するという方が多いのは、クレジットカード機能がついても審査時間がとても短いことによるものでしょう。
急ぎでクレジットカードを作るとなると、なかなかスペックまできちんと選べないということもありますが、ACマスターカードならその点安心です。急な海外出張前にもぜひ役立てて下さい。お急ぎの方にはさらにうれしい方法として、自動申し込み機むじんくんの中にも、ACマスターカードを発行できるものがあります。

キャッシングは金利が安いところを選ぶ

1月 15th, 2015

キャッシング金利が安いところを選ぶとカードローン 借り換え利息が抑えることができます。最も金利が安い金融機関は銀行で、最高でも14%台で金利を提供しています。対して消費者金融は最高18%としているところが多く、金利が高く設定されています。また金利を比較するときは、大きい数字で比較しましょう。小さい数字は最高限度額と長期利用による実績が伴って初めて適応される金利なので、初めての利用で適応されることはまずありません。
単純に考えれば銀行キャッシングを利用した方が金利は安く済みます。消費者金融を利用するよりも、遥かに低い金利が最高金利として設定されているからです。しかし銀行のキャッシングは審査が厳しく、可決されにくいというデメリットがあります。またいくら安くても銀行が取り扱っている商品の中では高額な方です。とはいえ金利が安いのが事実ですし、銀行ということで安心感や信頼性は非常に高いので第一候補として考えると良いでしょう。
消費者金融は最高金利を18%としているところが多く、銀行に比べればかなり高くなります。その代わり審査はさほど厳しくないという特徴があり、消費者金融によっては無利息期間サービスを提供しています。利息が一切発生しないので、短期での利用を考えているなら無利息期間は非常に便利です。
自分がキャッシングをどう使うかで金利重視で借りるかあるいは無利息期間を利用するかを考え、目的に合わせてどこのキャッシングを選ぶかを決めると良いでしょう。

生活保護と消費者金融

1月 15th, 2015

生活保護を受けているけど、どうしてもお金が必要になったときキャッシングをはじめることは可能かという質問を見ることがありますが、結論から書くと生活保護を受けながら借り換え カードローンをすることはできません。
生活保護を受けるということは「何らかの事情があり自分で収入が得られなくなったかた」が対象で、最低限の生活を保障する公的扶助で、世帯の全員が「生活を支える為にあらゆる努力をしても生活ができない」といった所帯が受けられるものなので、働けるのに働かないといったような人が受けられるサービスではありません。
一方の消費者金融は事業としてお金を貸しているので、貸したお金に金利をつけて返済ができる人にだけキャッシングサービスを提供しています。
消費者金融はお金を貸してその金利を払ってもらう事で事業が成り立っているので、元金返済だけでなく利用金利をうわ乗せしたお金を返せるだけの収入がない人には融資をしないのが一般的で、キャッシングの申し込み条件として「安定した収入のあるかた」となっているようにお金に困っていると言っても、まったくの無収入の人は消費者金融を利用できません。
生活保護を受けなければ生活できないほど収入に困っている状態なら消費者金融の審査が通る可能性は少ないですし、借りたお金が返せるだけの収入があれば今度は生活保護の審査を通過できません。
このような事から生活保護と消費者金融は、どちらかの一つしか選べないと考えるべきだと思います。

人気の無利息ローン、活用してみませんか?

1月 14th, 2015

キャッシングがもし短期間で完済できるようであれば、無利息ローンを考えてみてはいかがでしょうか。
消費者金融だけではなく銀行でも無利息のローンが用意されています。
限られた金融機関ではあるものの、無利息利用すれば金利の比較も必要はありません。
1回で完済ができるキャッシング ランキングならいくつかあります。
半年でも5万円までなら無利息という金融業者もあります。
お金を借りるときに金利の比較は欠かすことができないものです。
借りた金額である元金だけを返済することで完結するならまだしも、お金を借りるときには必ず金利によって利息が加算されます。
この利息が曲者です。
借りた以上はその条件にのっとった返済をしなくてはなりませんが、金利が高くなればそれだけ返済に負担がかかるというものです。
キャッシングの基本として覚えておきましょう。
「元金以外のコストはかけないこと」
これができればキャッシングは成功です。
元金以外にかかるのは利息だけではなく手数料もあります。
返済をするための手数料ということです。
ATMを利用して返済をするならATM利用手数料がかかりますし、銀行振込による返済でもまた振込手数料がかかります。
利息、そして返済手数料、これを節約することができれば元金だけの返済も十分に可能になるわけです。
無利息期間を設けている消費者金融、銀行は現在のところ4社となっています。
時折、消費者金融アコムがキャンペーンで無利息期間を30日間設けていることもありますが常のサービスではありません。
キャッシングを元金の返済だけで終わらせるためにどんなところに注目していくのかみていきましょう。

初めてのキャッシング、何よりも心配なのは審査?

1月 14th, 2015

その利用が消費者金融であれ銀行であれ、誰しも初めてのキャッシングは不安になるものです。
その審査はどのようにして行われるのでしょうか。
自分のいったい何をどこまで調べられるのでしょうか。
実はキャッシングを初めて行うときに最も不安な要素として「借り入れができるかどうか」という本来の緊迫した局面よりも、審査に受からなかった時の羞恥心というのがあると言われています。
キャッシングの審査では非常に細かな項目からチェックが行われています。
初めてのキャシングで、他社からの借り入れもない状況であればおそらく審査に通らないということの方が少ないでしょう。
それでも万が一というのは心配になるものです。
顔が見えないキャッシングができるようになった現在、それでも落ちてしまったことの困惑というよりは羞恥心がある方が多いというのは不思議なことではないかもしれません。
自分の収入や支出のすべてが審査の対象となります。
初めてのキャッシング審査で通らなかったということは収入に問題があるのか、過去の債務のなんらかに悪影響になるものがあったということです。
初めてのキャッシングで過去の債務ということが結びつかないでしょう。
これは詳しくご説明していかなくてはなりません。
これから、初めてキャッシングを申し込もうと考えている方に審査で重要になることや影響することなど詳しくご説明していきます。
消費者金融、銀行、それによって審査で判断される基準が異なることもありますので事前にしっかりと確認しておきましょう。